賃貸から持ち家に変えた理由

私達夫婦は現在、賃貸物件に住んでいます・・・

私達夫婦は現在、賃貸物件に住んでいます。
しかし、近い将来、持ち家を購入したいと考えています。
理由はたくさんあるのですが、まず家賃が勿体ないということです。
賃貸のままであれば、今後ずっと何も残らないものに家賃を払っていかなければなりませんし、それには終わりがありません。老後も払っていかなければならないのです。

しかし、持ち家を購入すれば、ローンを組むことになるでしょうが、その家は自分のものになりますし、いつまでのローンと決めて払っていけば、老後は払う必要がなくなります。
また、持ち家の良いところは、賃貸だといずれ出て行かないといけないので、壁に釘などさして穴を開けるとか、部屋をリフォームすることができません。
しかし、持ち家であれば、自分たちの好きなようにリフォームすることができます。
小さな子供がいると、部屋が汚れたり壊れたりすることもあると思います。賃貸だとそういうのが気になって、ついつい子供を叱ってしまう回数も多くなると思うのですが、持ち家だと割と安心です。
そんな理由で、私は賃貸から持ち家に変えたいと思います。

私は以前、賃貸住宅に住んでいました・・・ (女性 34歳)

私は以前、賃貸住宅に住んでいました。
都心にありながら家賃も高くなく、同じ世代のお友達もたくさんいたため、とても暮らしやすい環境でした。
子供が産まれママ友もでき、毎日の生活に不満はなかったのですが、住んでいた物件が築30年経っていることもあり、子供の将来も考えマイホームを検討することにしました。

転校などはさせたくなかったため、幼稚園に入るタイミング、または小学校入学前には新居に移りたいと考えていましたが、実際にモデルルームや住宅展示場に足を運ぶと、一刻も早く住みたいという思いが大きくなるものです。
最初は見るだけ、情報収集のためと思っていた住宅展示場巡りのわずか数週間後には、契約する運びになりました。
ローンのことを考えても、ある程度頭金があれば早いうちから組んだ方が良いと思い、購入に踏み切りました。

築30年のアパートから最新の家に移った感動は大きく、何もかもがお気に入りという状態です。
家具や小物一つ一つも新しく揃え、新しい気持ちで生活をしています。

Copyright (C)2014賃貸から持ち家に変えた理由.All rights reserved.